ビタミンについて ①

今回はビタミンについて考えていきましょう!

ビタミンは三大栄養素(炭水化物、たんぱく質、脂質)とは違い、体を動かすエネルギーになったり、体を造ったりする働きはありません。

ビタミンは体に必要不可欠な栄養成分であり、欠乏すると体に大きな異常が出るため、無機質も含め五大栄養素として重要視されています。

ビタミンとは脂溶性ビタミンと水溶性ビタミンの二つに分けられます。

脂溶性ビタミンは、ビタミンAやビタミンDなど体をウイルスなどから守ったり、発育を促進する役割があります。
一方水溶性ビタミンはビタミンB群やビタミンCなど筋肉を造る働きを助けたり、動脈硬化などの病気を予防したりする役割があります。

どちらも、体にとって重要な栄養素ですが、脂溶性ビタミンは大量に摂取してしまうと肝臓など体内に影響を及ぼすこともあるため、適度に摂ることが大切です。

野球スクール夏期講習2021

For Growth 野球スクールは、夏の大事な時期に練習量や試合感などを落とさないために、夏期講習を企画しました。「 自分でやり込む!」「自分でやりきる!」をテーマに、練習メニューを9回に分けて実施します!

野球が好きで上手くなりたい選手、試合を想定してガッツリ練習したい選手は、是非ご参加ください!!

夏期講習クラス内容(バッティング・ピッチング)

① 小学生クラス(90 分)
対象:小学1 年生 〜 6 年生
クラス時間:9:00 〜 10:30

② 中学生クラス(90 分)
対象:中学1 年生 〜 3 年生
クラス時間:11:00 〜 12:30

*高学年(5・6)年生は、②中学生クラスに参加可能(クラスの空き状況による)

各クラス定員10 名まで
場所:FG 野球スクール練馬校 春日町バッティングセンター
期間:8月3日(火)〜  8月19日(木)
申込:7月19日(月)10:00

詳細は下記案内をご確認の上、ご参加ください。
FG野球スクール 夏期講習2021

FG野球スクール練馬校「営業時間短縮」のお知らせ

FG野球スクール練馬校「営業時間短縮」のお知らせ

平素よりFG野球スクール練馬校をご利用いただき誠にありがとうございます。
緊急事態宣言に伴い、春日町バッティングセンター様との連携により、FG野球スクール練馬校は、2021年7月12日(月)から緊急事態宣言解除までの期間、営業時間を21時までに短縮させていただきます。
また、状況に応じて営業時間の変更がある場合がございますのでご了承ください。

● FG野球スクール 練馬校
営業時間短縮期間:2021年7月12日(月)から緊急事態宣言解除まで
※各クラスの開始時間は通常通りとなります(20:00〜21:30のクラスは除く)

20:00〜21:30のクラスにご参加の選手の皆様へ
営業時間短縮により、下記の時間帯にクラスの振替をお願い致します。

・ 平日 振替可能時間帯
① 16:30〜18:00
② 19:15〜20:45

・ 土曜 振替可能時間帯
① 14:45〜16:15
② 17:15〜18:45

振替連絡に関しては、下記のメールアドレスにご連絡ください。
info@forgrowth.com


コロナへの安全対応として、振替枠につき生徒の過度の密集を避けるために制限調整を入れさせて頂く点につきご了承下さい。
会員の皆様におかれましても、ご自身の健康管理にご留意いただくとともに、咳(せき)・発熱等の症状が見られたときは、後日振替制度をご利用いただきますよう、ご理解とご協力の程宜しくお願い申し上げます。

※当スクールには定期会員区分において振替制度がございます(振替休校分や欠席分を振替することが可能です)

詳細は210709_FG_News_Baseball_Schoolよりご確認下さい。

お盆休み休業のお知らせ

お盆休み休業のお知らせ

誠に勝手ながら2020年8月14日(土)~ 8月15日(日)は、お盆休業にて休校と致します。
※休業中に頂いたご連絡は翌営業日8月16日(月)にご返事させて頂きます。

FG野球スクール練馬校 春日町バッティングセンター駐車場についてのご注意とお願い

FG野球スクール練馬校 春日町バッティングセンター駐車場についてのご注意とお願い

平素よりFG野球スクール練馬校をご利用いただき誠にありがとうございます。

この度、春日町バッティングセンター横(大通り側ではない)の駐車場が2021年7月12日(月)〜2021年7月31日(土)の期間で駐車場整備工事の為ご利用できません。それに伴いバッティングセンターへお車でお越しになり駐車場をご利用の場合は送迎のみ利用可能で駐車はできません。

期間中ご迷惑お掛けいたしますがご理解とご協力の程宜しくお願い申し上げます。

FG野球スクール練馬校 春日町バッティングセンター駐車場
整備工事期間: 2021年7月12日(月) 〜 2021年7月31日(土)
対象の駐車場: 下図の通り

詳細は210708_FG_News_Baseball_Schoolよりご確認下さい。

成分表の中の食塩相当量の表記について

⑤ 食塩相当量 〇,〇g
食塩相当量とは、食品の中に含まれる食塩量(ナトリウムと塩素があわさったもの)の量を表します。

摂り過ぎてしまうと高血圧や胃がんなど重い病気にかかる危険性があります。
しかし、食塩量はナトリウムと塩素が合わさったものと紹介したように、ナトリウムが1gの時、食塩は2.54gとなり、食塩相当量=ナトリウムの量 × 2.54g(食塩)と計算しています。

一般的に成人の1日摂取量が、男性: 7.5g、女性: 6.5gとなっています。
例えばコンビニなどのインスタントカップ麺などにはこの食塩相当量が平均約2.5g入っており、多いものだと約4g入っているものもあるので注意しましょう。

汗を大量にかいた時や下痢などの場合には、体から多くのナトリウムが不足するので、ナトリウムが多く入った飲み物を摂取すると効果的です。

今回の成分表の見方については以上になります。

成分表の中の炭水化物の表記について

④ 炭水化物 〇〇g
炭水化物とは、身体に早く効果の出る高いエネルギー源となり、身体活動を支える効果があります。

炭水化物は人間の一番のエネルギー源となり、炭水化物のなかで一番小さい物質「ブドウ糖」は脳の唯一のエネルギー源となります。

炭水化物が不足すると、脳や神経の働きに支障をきたします。逆に摂りすぎると体内に脂肪として蓄積されます。

良く疲れた時に甘いものが良いとされる理由はここにあり、砂糖などにブドウ糖が含まれているからです。

またブドウ糖を多く含む食品として米や小麦などがあり、ごはんや麺などを食べることにより一度に多くのブドウ糖を摂取することが可能になります。

次回は、食塩相当量について紹介します。

成分表の中の脂質の表記について

③ 脂質 〇〇g
脂質とは、身体を動かすために重要なエネルギー源ですが、取り過ぎは肥満や心疾患(しんしっかん)などになりやすくなります。

脂質はタンパク質、炭水化物が1gで4kcalなのに対し、脂質は倍以上の9kcalと高エネルギーとなるため、取りすぎは肥満や生活習慣病の原因になります。

しかし摂り過ぎなければ少ない量でカロリーを多く摂取できるため、効率良く取り入れることが可能です。

脂質が不足すると皮膚がカサついたり、身体の調子を整えるビタミンの吸収が悪くなります。

次回は、炭水化物について紹介します。

FG野球スクール練馬校 クラス④(20:00〜21:30)通常時間帯にて再開のお知らせ

FG野球スクール練馬校 クラス④(20:00〜21:30)通常時間帯にて再開のお知らせ

平素よりFG野球スクール練馬校をご利用いただき誠にありがとうございます。
会員の皆さまには、新型コロナウイルス感染拡大防止への取り組みに、ご理解とご協力を賜り厚く御礼申し上げます。

緊急事態宣言解除に伴い、20:00〜21:30のクラスを6月21日(月)から、通常の時間帯にて再開いたします。

● FG野球スクール 練馬校
再開時期: 2021年6月21日(月)から
対象クラス: ④ 20:00〜21:30


コロナへの安全対応として、振替枠につき生徒の過度の密集を避けるために制限調整を入れさせて頂く点につきご了承下さい。
会員の皆様におかれましても、ご自身の健康管理にご留意いただくとともに、咳(せき)・発熱等の症状が見られたときは、後日振替制度をご利用いただきますよう、ご理解とご協力の程宜しくお願い申し上げます。

※当スクールには定期会員区分において振替制度がございます(振替休校分や欠席分を振替することが可能です)

引き続きスクールのコーチにおいては、以下の対応を行っております。
・出勤前に検温を実施し、異常が見られる場合には、出勤を禁じています
・勤務中のマスクの着用を行わせていただく場合があります
・手洗い、うがい等、感染予防に努めております
※体温計を常備しております

詳細は210621_FG_News_Baseball_Schoolよりご確認下さい。

成分表の中のタンパク質の表記について

② タンパク質 〇〇g
タンパク質とは、三大栄養素の中の一つで、筋肉・臓器・骨・髪・爪・血液など、身体を作っている元となる栄養になります。

このことから筋肉をつけたい人やダイエットする人が、タンパク質をよく気にしている理由がわかります。

タンパク質は20種類のアミノ酸から作られています。そのうち9種類は必須(ひっす)アミノ酸と呼ばれ、体内で合成できないため食べものから摂取する必要があります。

タンパク質が不足すると、筋肉量の低下、病気への抵抗力の低下、発育障害などを引き起こす恐れがあります。
なので健康を維持することや身体づくりをする際に食事は欠かせません。

次回は、脂質について紹介します。