たんぱく質は三大栄養素の一つで、筋肉や内蔵などを作る重要な構成成分です。
また、酵素やホルモンなどとしても働きます。その他、糖や脂肪に比べると少ない割合ですが、燃料としても用いられています。

たんぱく質は成人の体内の約12~15%を占め、主に血液や内蔵組織、筋肉に存在しています。
特に筋肉の中に多く存在していて、体内の総たんぱく質の約65%がここにあります。

たんぱく質は体内に蓄(たくわ)えておくことのできる臓器(ぞうき)はありません。
強いて言えば筋肉が貯蔵庫(ちょぞうこ)ですが、筋肉が減ってしまうと体内のたんぱく質の量も減ってしまうため、体内でたんぱく質を蓄えておくことは難しいです。

2019/6/6
前回はたんぱく質の特徴についてお話ししました。今回は、たんぱく質の中身についてお話しします。

たんぱく質はアミノ酸から作られています。小さなものから巨大なものまであり、大きなたんぱく質ほど非常に複雑な立体構造(りったいこうぞう)をしています。
また、たんぱく質は体内に入るとアミノ酸にまで分解されて吸収され、体内で再び必要なたんぱく質に作り直されます。

全てのたんぱく質は20種類のアミノ酸からできています。しかし、私たちは、このうち8種類(子どもでは9~10種類)を体内で作ることができません。
体内で作ることのできないアミノ酸を必須(ひっす)アミノ酸、作ることのできるアミノ酸は非必須(ひひっす)アミノ酸といい、必須アミノ酸は食物から摂取することができます。

必須アミノ酸
・バリン・ロイシン・イソロイシン・リジン・メチオニン・スレオニン・トリプトファン・フェニールアラニン

非必須アミノ酸
・アラニン・システイン・チロジン・プロリン・セリン・グリシン・アスパラギン酸・グルタミン酸・グルタミン・ヒスチジン・アルギニン 
※ヒスチジンとアルギニンは小児、幼児は必須に分類される