1. チョコレート

チョコレートには脳のエネルギー源となるブドウ糖と、集中力や記憶力を高める効果が期待されているテオブロミン、カカオポリフェノールが含まれています。

テオブロミンはカフェインの仲間で、チョコレートやココアの原料であるカカオ豆に多く含まれています。カフェインと比べ、脳を刺激して集中力や記憶力、思考力などを高める効果があるといわれています。

カカオポリフェノールには血圧の低下やコレステロール値の低下など、体にいい事がわかっていますが、その他にも集中力を高め、脳の学習能力を向上させる効果も期待できます。