生活習慣病とは、不規則な食生活や食べすぎ、運動不足などの生活習慣が原因で起こる病気の総称(そうしょう)です。

生活習慣病と呼ばれる病気には、高血圧や脂質異常症(ししついじょうしょう)または高脂血症(こうしけつしょう)、糖尿病(とうにょうびょう)などがよく知られていますが、肥満やがんなども生活習慣病に含まれます。

生活習慣病になる原因は、上記に上げたものの他にタバコや飲酒、ストレスも関係してきます。

生活習慣病の症状は、ほとんど自覚症状(じかくしょうじょう)がありません。
しかし、生活習慣病を放っておくと血管が硬くなったり、血液がうまく流れなくなったり、つまったりする動脈硬化(どうみゃくこうか)を引き起こします。
動脈硬化が進むと、脳梗塞(のうこうそく)や心筋梗塞(しんきんこうそく)、さらには突然死の引き金となります。