コレステロールは人間の体内に存在している脂肪分の一つです。
コレステロールと聞くと体にあまり良くないものといったイメージを持っているかもしれませんが、細胞膜(さいぼうまく)を作ったり、ビタミン類を代謝する役割を担うなど、人間の体にとって欠かすことのできない存在です。

しかし、体内のコレステロールの量が何かしらの原因で増加してしまうと動脈硬化(どうみゃくこうか)が起こり、様々な病気を引き起こしてしまうため、摂取(せっしゅ)する量などは注意しなければなりません。

メリット
・体内の細胞膜を構成したり、神経(しんけい)を保護する
・ホルモンや胆汁酸(たんじゅうさん)の原材料になる
・ビタミン類を代謝する

デメリット
・血中のLDLコレステロールが増えすぎると血管を細くし、動脈硬化の原因となる
・LDLコレステロールが少なすぎると血管が細く弱くなり、脳出血を引き起こす原因となる