脂質はたんぱく質や糖質と同じ三大栄養素の一つとして分類され、生体を構成する重要な成分です。

たんぱく質や糖質は水に溶けますが、脂質は水に溶けません。日頃よく使う「脂肪」という言葉と区別はなく、ほぼ同じ意味として使われます。

脂質は大きく分類すると、単純(たんじゅん)脂質、複合(ふくごう)脂質、誘導(ゆうどう)脂質に分けることができ、それぞれが様々な特徴を担っています。

単純脂質
アルコールと脂肪酸からなるもの。
・中性脂肪:エネルギーの貯蔵(ちょぞう)や組織を保護する
・ろう:食品中の脂肪の大部分を占める

複合脂質
分子中にリン酸や糖などを含むもの。
・リン脂質:細胞膜(さいぼうまく)を構成し、物質の透過(とうか)を調節する
・糖脂質:脳や神経組織に広く分布(ぶんぷ)している

誘導脂質
単純脂質や複合脂質から加水分解(かすいぶんかい)によって誘導されたもの。
・コレステロール:細胞膜、ホルモンなどの構成成分として、体内に広く分布している