プロテインとは、たんぱく質を英語に訳(やく)したものです。成人が健康的な生活を送る上で最低限必要とされているたんぱく質の量は、体重1kgあたり1gといわれています。ですが、あくまでもこれは運動を普段行わない人の最低限の量なので、体を動かしている人には1kgあたり1gでは足りません。

普段運動をされる人は体重1kgあたり2gが理想とされています。しかし、1kgあたり2gを体重70kgの方で計算してみると、140gとなります。これは卵20個以上、牛乳4L以上に相当し、毎日摂取(せっしゅ)するのにはなかなか現実的な数字ではありません。

そこで、プロテインを摂取することによって体脂肪をなるべく増やさずに筋肉を増やすことができるのです。ただし、この数字は普段運動をされる人の目安のため、摂取する量については注意が必要です。
また、摂取する時間帯でも体内での吸収率(きゅうしゅうりつ)が変化してしまうため、プロテインを摂取する際には適切な量・時間を意識するようにしましょう。