食物繊維は、体内にある消化酵素によって消化されない難消化成分(なんしょうかせいぶん)です。食物繊維には大きく分けて水に溶ける水溶性食物繊維と、水に溶けにくい不溶性食物繊維の2種類があります。

●水溶性食物繊維
・粘着性があり、胃腸内をゆっくりと移動するのでお腹がすきにくく食べ過ぎを防ぐ
・胆汁酸(たんじゅうさん)やコレステロールを吸着し、体外に排出する
・大腸内で発酵・分解されると、ビフィズス菌などが増加し腸内環境が良くなる

多く含む食品
昆布、アボカド、梅干し、ニンニク、オクラ、納豆など

●不溶性食物繊維
・胃や腸で水分を吸収して大きく膨らみ、腸を刺激するため便通を促進する
・よく噛んで食べる食品が多いため、食べ過ぎを防ぎ、あごの発育を促します
・大腸内で発酵・分解されると、ビフィズス菌などが増加し腸内環境が良くなる
(ただし、水溶性食物繊維より発酵性は低い)

多く含む食品
切り干し大根、ごぼう、えだまめ、きくらげ、こんにゃく、わかめなど